テーマパーク満足度調査、東はTDS、西はUSJが首位 わずかに異なる支持理由

 新型コロナウイルス感染拡大により、大きな打撃を受けているレジャー産業。テーマパークもその1つ。緊急事態宣言は全国で解除されたものの、未だに臨時休業・休園を余儀なくされている施設は多く、自身の“お気に入りのスポット”に思いを馳せている人もいることだろう。

 そんななか、顧客満足度調査を行うオリコンでは、「テーマパーク」の顧客満足度ランキングを初めて発表。総合満足度1位は、東日本が【東京ディズニーシー】(76.33点)、西日本が【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】(70.73点)となった。来場者はどういった点に満足しているのか? 詳しく見ていこう。

>テーマパーク 東日本/西日本ランキング 総合TOP5はこちら

 同調査は、2020年1月6日〜14日の期間、過去1年以内にテーマパークに行った15歳以上で、入園料を把握している人を対象に、利用したテーマパークの満足度について回答を得たもの。なお、対象施設は【1】入園料をとっている、【2】園内全体に非日常的な特定のテーマがある、【3】アトラクションがある、【4】オリジナルキャラクターがいる、という4つの条件を満たしたテーマパークとしている。

 ランキングを構成する評価項目は7つ(「チケットの買いやすさ」「スタッフの対応」「パーク内の快適さ」「フード・ドリンクの充実さ」「ショップの充実さ」「空間演出」「利用のしやすさ」)あり、これらは全25の質問から成り立っている(※前述の通り、同調査は緊急事態宣言前に実施したもの)。

「テーマパーク」ランキング 総合TOP5

テーマパーク 東日本

順位

テーマパーク名/(得点)

1位

東京ディズニーシー (76.33点)

2位

東京ディズニーランド (75.62点)

3位

サンリオピューロランド (72.03点)

4位

ふなばしアンデルセン公園 (71.74点)

5位

スパリゾートハワイアンズ (71.17点)

>6位以下の結果はこちら(外部リンク)

テーマパーク 西日本

順位

テーマパーク名/(得点)

1位

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (70.73点)

2位

ハウステンボス (69.68点)

3位

ハーモニーランド (69.27点)

4位

志摩スペイン村 (68.68点)

5位

東映太秦映画村 (67.55点)

>6位以下の結果はこちら(外部リンク)

TDSとTDL、「スタッフ(=キャスト)対応」はともに80点超え

 東日本ランキング総合1位の【東京ディズニーシー(以下、TDS)】は、「冒険とイマジネーションの海へ」をキャッチコピーに、01年9月オープン。世界中にあるディズニーのテーマパークの中で唯一、海をテーマとしており、海外でも一目置かれる存在となっている。

 エリア設定やアトラクションには、綿密なストーリーが隠されているものが多く、たとえば昨年7月にオープンしたアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」も、すでにある海外の設定を一部変更し、TDSオリジナルのテーマやシーンが追加されている。そういった、ゲストの想像力を掻き立てるような仕掛けもあいまってか、部門別では「30代」「40代」「50代」「60代」と年代の高い層や「リピーター」など、全8部門で1位を獲得している。

 そして、総合2位となったのが、TDSと対のパークである【東京ディズニーランド(以下、TDL)】(75.62点)。「夢と魔法の王国」がキャッチコピーのTDLは、同じく老若男女に支持されながらも、より若年層の満足度が高いようで、部門別では「20代」で1位となった。

 7つの評価項目を見ていくと、両テーマパークとも共通して「スタッフの対応」(TDS:80.99点/TDL:80.09)、ショーやパレード、アトラクション、景観の魅力について評価した「空間演出」(TDS:79.96/TDL:79.13)、清潔さや混雑緩和に対する対策などを評価した「パーク内の快適さ」(TDS:77.45/TDL:76.78)の3項目で高得点を獲得(下図)。特に「スタッフの対応」では、いずれもが80点超えを記録している。

 東京ディズニーリゾートでは、働くスタッフのことを“キャスト”と呼び、1人ひとりがゲストに対して夢や感動、やすらぎを提供していけるよう独自の人材育成・支援を行っていることで知られており、SNS等では“神対応”のエピソードが投稿されることもしばしば。ゲストを笑顔にすることで得られる喜びは、キャストのやりがいにもつながっている。そういった幸せのサイクルが循環しているからこそ、満足度の高いサービスを提供し続けられていると考えられそうだ。

 ディズニーリゾートでは、人気ゆえの混雑問題が課題の1つとしてあったが、昨年は公式アプリでファストパスが取得できるサービスを開始したり、導線を改修したりと、混雑緩和に向けた対策にも尽力。細やかな施策の数々もまた、ゲストの満足度を高める要因となっていることだろう。

東京ディズニーシー 回答者のコメント(一部)
●アプリでファストパスがとれるようになり、無駄な移動が減ってほかの乗り物に並んだり、使える時間が増えた。(20代・女性)
●妻が妊娠中だった時、スタンバイの時間中、座れるように配慮してくれた。(30代・男性)
●ショーやアトラクションなどが常に変化していて、いつ行っても飽きがない。(50代・女性)
●園内を歩くだけでも楽しい。(60代・女性)

東京ディズニーランド 回答者のコメント(一部)
●ディズニーの世界観を忠実に再現している。(20代・女性)
●いつも夢の国に来た感じがある。夜までいても気分が疲れない。(30代・女性)
●パーク内がいつも清潔に保たれており、過ごしやすい(40代・男性)
●スタッフの対応はいつ行っても素晴らしく、大概の質問にもその場で答えてもらえる。 働いている人達の意識は高いと思う(40代・女性)