トップの理由

おそうじ革命、人気の背景に「企業文化」の統一アリ “非効率”覚悟のFC制度が叶える最良サービス/KIREI produce・福井智明社長インタビュー【後編】

「オリコン顧客満足度調査」の各種ランキングで1位を獲得した企業のトップへのインタビュー企画、【トップの理由】。2020年「ハウスクリーニング」ランキングで同調査(ハウスクリーニング)開始以来の最高得点で満足度総合1位を獲得した「おそうじ革命」を運営する、KIREI produce代表取締役社長・福井智明氏にご登場いただく。後編では、顧客満足度の要となっている徹底的な研修制度と、事業拡大を続ける同社の今後の展望について伺った。 (文/児玉澄子)

1.「品質」を損なうことなく規模を拡大し続ける、“業界最長”のFC研修制度

おそうじ革命の研修センターの模様。フランチャイズでの起業に向け、学ぶオーナー陣

おそうじ革命の研修センターの模様。フランチャイズでの起業に向け、学ぶオーナー陣

 ニーズの拡大を受けて、全国展開するハウスクリーニング事業者が増えている。その多くがフランチャイズ(以下、FC)オーナー募集によるもので、「おそうじ革命」もまた、創業4年後の2014年10月よりFC事業に本格参入。2020年5月時点で、全国200加盟店以上へと拡大している。

 FCとはパッケージ化された研修制度とマニュアルによって短期で独立開業ができる仕組みであり、ハウスクリーニング事業のFC研修は1〜2週間が一般的である。そうしたなかで、おそうじ革命の研修期間は、業界最長の45日。同社が設けた基準をクリアできなければ、1年を要するケースもあるという。

「お掃除なんてマニュアルと道具さえあれば誰でもできる、1日でも早く開業したいと考える方には『おそうじ革命』での開業は向かないでしょう。当社の研修期間が長いことは最初の面談できちんとお伝えしていますし、実際、そこで他社ブランドでの開業に流れる方も多くおられます。“業界最長”と謳っているのは事実でもありますが、参入していただく段階から『おそうじ革命品質』を守る、フィルタリングの意味合いもあるんです」(福井氏)

 約2ヶ月にわたる研修では、徹底したハウスクリーニング技術はもちろん、依頼先での振る舞いからポスティング、SNSやSEO(Search Engine Optimization)対策をはじめとするネット戦略といった、顧客開拓の具体的な方法も指導。独立開業後の健全なビジネス運営をあらゆる面から手厚くサポートしており、研修期間の長さも納得できる内容だ。

2.FCオーナーと本部の信頼関係で、独立開業の健全なビジネスを手厚くサポート

  • 研修中の模様

    研修中の模様

  • 研修中の模様

    研修中の模様

 長い研修期間は、独立を希望するオーナーだけでなく、本部にかかる負担も大きい。事実、FC事業への参入当初は、研修コストの持ち出しが多く、結果的に企業体力を疲弊させる結果になったという。

「『日本中をキレイにしたい』という思いからFC事業に参入したのですが、経営者と“おそうじオタク”の両立は難しいものがありました。事実、FC1号店はすべての研修に僕が立ち会い、チリ1つでも残っていたらNG判定を出していたため、開業までに3年ほどかかってしまった。私はすでに経営者として社員も抱えていたため、これでは経営者失格です。“おそうじオタク”としては、多少の妥協はありながらも内容を絞りに絞り、現在の約2ヶ月間という研修期間に至りました。そのぶん、開業後の『全国加盟店会議』や『技術勉強会』を強化することで、FCオーナーさんのサポートとおそうじ革命品質の保持に努めています」(福井氏)

 ハウス資材や家電といったハードは年々進化しており、開業前の研修だけでは追いつかない実情もあった。同社では、たとえばエアコンの新機種が発売された際には、すぐに購入。全国各地の拠点を周り、加盟店を対象とした「クリーニング」や「分解」のノウハウを伝授するなど、情報の共有とアップデートにも余念のないサポートを行っている。