ハウスウエディング満足度、BRASSが3年連続1位 “スタッフの質の高さ”を重視する人が増加傾向

 中長期的な人口減少および少子化、晩婚化などの影響で、近年、縮小傾向にあるウエディング市場。若い世代においては結婚式や披露宴を行わないカップルも増えているが、その一方で「ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ」によると、挙式披露宴における招待客1人あたりの費用は年々増加している。そうしたなか、2000年代に入って市場シェアを伸ばしているのがハウスウエディングだ。

 そこには、同世代の結婚観や価値観の多様化により、従来の形式にこだわらない、それぞれのスタイルで挙式・披露宴の意味やおもてなし志向をカタチにすることへの積極的なモチベーションを持つ層が増えていることが示されている。顧客満足度調査を行うoricon MEでは、6回目となる「ハウスウエディング」調査を実施。満足度総合ランキング1位には、全国で直営店型のハウスウエディング事業等を展開する【BRASS】(85.35点)が選ばれた。オリジナル志向の強い現代の若い世代にとって、どんなポイントが満足度を高めたのか見ていきたい。

>ハウスウエディングランキング 総合TOP10はこちら

 調査期間は、2020年3月16日〜27日。過去5年以内に国内にあるウエディングプロデュース会社運営の「ゲストハウス」で挙式・披露宴を行った男性18歳以上、女性16歳以上(男女ともに高校生を除く)の4895人から利用満足度について回答を得たもの。なお、国内で挙式ができる会場のうち、会場を貸し切り、自由度の高いオリジナルウエディングが行える「ゲストハウス」を自社運営する事業者を対象に、25社を調査(複数の会場を保有している場合も利用会場の評価ではなく、すべて運営事業者の評価)。

 ランキングを構成する評価項目は13あり(「サロンの利用のしやすさ」「サロンの清潔度・雰囲気」「ウエディングプランナー」「ドレス・衣装」「料理」「装花」「引き出物」「見積りのわかりやすさ」「式場」「式・披露宴」「新婦のメイクの仕上がり」「写真・ビデオの仕上がり」「式場スタッフの対応」)、これらは全43の設問から成り立っている。

ハウスウエディングランキング 総合TOP10

11項目で1位のBRASS、とくに満足度が高い「サロンの清潔度・雰囲気」「料理」

 2018年から3年連続で総合1位を獲得した【BRASS】は、挙式・披露宴に関する企画運営、婚礼衣裳の販売レンタル、外食、司会、演出業等を手がけ、直営店型ハウスウエディング事業を中心にさまざまなゲストハウスを運営する。その最大の特徴は、【1】完全貸切ゲストハウス、【2】ウエディングプランナー一貫制、【3】オープンキッチン・料理へのこだわり。今回の調査では、13項目中11項目で1位を獲得する圧倒的な支持を受けた(上表)。

 なかでも、90点に迫る非常に高い満足度を獲得している評価項目が、全項目中の最高点となった「サロンの清潔度・雰囲気」(88.61点)と、それに次ぐ「料理」(88.16点)。どちらも、招待者を心からおもてなしするためのハウスウエディングの要素のなかでも、とくに基本であり大切な項目だ。11項目で1位という評価は、もちろんそれだけではなく、「新婦のメイクの仕上がり」(87.28点)、「写真・ビデオの仕上がり」(85.00点)といった、専門的かつ細やかな対応が求められる部分におけるこだわりも利用者にしっかりと伝わっており、それらが好感を得ていることは疑いようがないだろう。そうした企業の姿勢やポリシーが滲み出ているからこそ、高い満足度につながっていると考えられそうだ。

 アンケート調査では、「料理がほかの式場と比べて本当においしかった」(30代女性)などの声から、「スタッフの方が親身になっていろんなアイデアを出してくれた」(30代女性)「直前でのゲストの変更で、テーブルを1つ増やしていただけた対応力に感謝しています」(30代女性)といったスタッフの臨機応変さや繊細な心遣いへの感謝の言葉が並び、ハードとソフトの総合力が全体的な高評価へとつながっていることをうかがわせる。

  • 年代別「20代」「30代」ランキングTOP3

    年代別「20代」「30代」ランキングTOP3

 また、同社は部門別の年代別ランキングでも「20代」(86.17点)と「30代」(86.14点)で1位。それぞれ86点超えの高い満足度を獲得している。ブラス・代表取締役社長の河合達明氏は「直接雇用というスタイルを貫いて、ゼロから人材を育てていく。うちには結婚式への想いが熱い子たちがたくさんいます」と語っている(2020年4月「ミチタリ」掲載記事より)。その人材へのこだわりが、若いスタッフたちのモチベーションを高め、同世代ならではのオリジナルスタイルのニーズにも柔軟に対応したり、時代を先取りする先鋭的な試みについても積極的に提案を行うなど、企業力を高める結果へと結びついている。それが、20〜30代からの評価として表れていると言えるだろう。

>「年代別」「男女別」など、部門別ランキングTOP3はこちら

美意識あふれるFIVESTAR WEDDING、「式場」「式・披露宴」の項目で高評価

 満足度総合2位には、「美意識の極み」をコンセプトに最上級の感動を届けるとする【FIVESTAR WEDDING】(84.36点)がランクイン。「式場」(85.74点)「式・披露宴」(86.78点)の2項目で1位を獲得しており、ワンランク上のラグジュアリー感漂う施設や設備、ロケーションなどが高評価を得た。総合3位は、全13項目でTOP3入りした【IKK】(83.66点)。オリジナリティにあふれる、心温まるパーソナルウエディングの提供を掲げる同社に対して、回答者からはスタッフの応対やオリジナル演出を絶賛する声が目立っている。

 ハウスウエディングサービスを選定する際(利用前)に重要視した項目について構成比が高い順に並べてみると、昨年と比較してとくに上昇したのが「ウエディングプランナー」(7.80%→8.42%)と「式場スタッフの対応」(6.43%→7.62%)の2項目。これまで以上に人による対応が重視される傾向にあることがわかる。2000年代に盛り上がりを見せはじめたハウスウエディングは、時代のニーズに合わせて新しい企画や演出が生まれながらも市場は成熟しており、各社のサービスレベルは上限に近いところでのせめぎ合いになっている。そんななか、今後は、人によるソフト面での企画、演出、心遣いや細やかな対応といった部分に、最終的な顧客の満足度がより偏重されていくようになるのかもしれない。

“思うように人と会えない” コロナ禍を経て、ブライダル業界が迎える危機とチャンス

 なお、同時に発表した「格安ウエディングランキング」では、【ゼロ婚】(77.79点)が2年連続で総合1位。「結婚式場情報サイトランキング」では、【ゼクシィ】(73.56点)が調査開始以来初の総合1位。「結婚式場相談カウンターランキング」では、【Hanayumeウエディングデスク】(79.17点)が4年連続で総合1位を獲得した。いずれのランキングも2017年からスタートし、4回目の発表となる。

<総合・部門別など全結果を掲載>
>格安ウエディング(外部リンク)
>結婚式場情報サイト(外部リンク)
>結婚式場相談カウンター(外部リンク)

 今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、挙式披露宴を開催するか否か“苦悩”する新婚夫婦のニュースが多く見られるようになった。6月のジューンブライドはもとより、9〜11月の秋のブライダルシーズンもまったく見通せず、ウエディング業界全体が前例のない対応を迫られる逼迫した事態となっている。しかし、いまだかつてなかった、人と思うように会えない時間を誰もが過ごしたことで、コロナ後には、あらゆる世代において結婚に対する意識や価値観が従来とは大きく変わってくることも予想される。日常生活のなかだけでなく、人生において幸せを感じる節目のイベントや、会合などへの関心やニーズも高まっていくことだろう。

 社会全体が新たな生活様式への転換期を迎えている今、人生の1つの節目を彩るウエディング業界はその最先端に位置する業界でもある。こんなときこそ真価を問われるのが、業界として、そして、それぞれの企業としての利用者に向けた姿勢だろう。現状の危機を人々の未来の幸福へとつなげ、より顧客満足度を高めるサービスを提供するためのチャンスと捉えることも可能なはずだ。この先の業界の動向に注目していきたい。

(文/武井保之)

ハウスウエディングランキング 部門別TOP3

地域別

都道府県別

男女別

年代別